トップページ > 料理教室CandCとは

料理教室CandCとは

神戸、岡本の料理教室CandCの代表講師 富松大智
神戸、岡本の料理教室CandCの代表講師 富松大智

料理教室CandC 代表講師挨拶 富松大智

料理教室CandC ってどんな教室?

料理を教え・伝えるプロである講師が、あなたの要望や疑問にこたえるレッスン。
基本からしっかり学べ知識はもちろん、アレンジ力まで幅広く身に付く料理教室です。

生徒様の “わからない” にとことんお付き合い!

 ◦ 火加減や味付けのコツが難しい
 ◦ 本やサイトなど、レシピの数が多すぎて困る
 ◦ お母さんに教わっても “目分量” でよくわからない
 ◦ 何度も作ったけどレシピがなかなか覚えられない
・・・こういったお声をよく耳にします。

なぜお母さんは “目分量” という言葉を使うのでしょう?
それは適切な伝え方や表現がわからないからなんです。

たくさんの時間と経験の積み重ねで身に付けた「慣れ」や「感覚」を言葉で伝えるのはとても難しいこと!
そして皆さんは、流れ作業で、なんとなく、お料理をしていませんか?

CandCでは【五感を使う】ことを大切にしています。

例えば肉じゃが!

美味しく作るコツは煮崩れさせない、煮すぎないこと。
沸騰していないか(視覚)
グツグツではなくコトコト(聴覚)
しょうゆ辛くなっていないか(嗅覚)に注意して、コトコトをキープ・・・

火の通り具合をチェックし(触覚)
最後の味見をして(味覚)・・・完成!となります。

このように、お料理とは視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚をフル活用することです。
レッスンでは、この五感を意識するポイントをわかりやすく言葉でお伝えし生徒様に取り組んでいただくことで、しっかり身に付く・覚えやすい内容となっております。

料理にも “クセ” があるんです!

まっすぐ切っているつもりなのに斜めになる・・・大きさがバラバラ・・・なんてことありませんか?
原因は包丁の握り方と切る時の姿勢!
間違ったクセを直し、正しいクセづけをするだけでお料理の完成度が全く違ってくるほど、実は重要なことなんです。

他にも、
 調味料の役割や順番
 食材別の切り方・保存方法
 調理道具の正しい使い方
 盛りつけのマナー、、、などお料理の基本も。

初心者~上級者まで、今さら聞けない! 初めて知った! がたくさん学べる料理教室です。

CandCでは、周りを気にせずお料理や質問がしっかりできるマンツーマンスタイル。

お友達同士でのプライベートレッスンも可能です。

個性豊かでフレンドリーな講師陣が皆様をお待ちしております。